sunsun fineな日々

子育てしながら,山を歩いたり星を見たり料理したり写真を撮ったり

さきたま古墳公園で星ぐるぐるを撮ってみた

大波月海岸で天の川を撮影した翌日は,御宿を出て埼玉・行田のさきたま古墳公園に向かいました。東京では桜も盛りを過ぎて来ましたが,行田あたりではちょうど見頃なはずです。桜を前景に星ぐるぐるを撮りたいなと思っていたのですが,スマホでニュースをチェックすると「黄砂が来て視界が悪くなる」との情報が。むむむ…。まあ,行くだけ行ってみましょう。

 さきたま古墳公園の桜がきれい!

 さきたま古墳公園に着くと,予想通り桜が満開です。これはきれい!しばらく公園を散策して花を楽しみます。

f:id:sunsun_fine:20190505004905j:plain

さきたま古墳公園はちょうど桜が満開!

そして日が暮れた頃,古墳の丘の近くに三脚を立ててカメラを乗せ,インターバルタイマーをセットしました。薄明が終わってあたりが暗くなって来たのですが…やっぱり黄砂のせいなのか,空に透明度が感じられません。星も全然見えてこない。天文薄明が終わる時間帯になっても,空の高いところに二等星がやっと見えている程度(北斗七星がかろうじて見える程度)です。

試し撮りをしてみましたが,黄砂に街明かりが反射するせいか,すぐにかぶってしまい,露光時間も全然稼げません。結局iso800, F5.6, ss13秒という非常に微妙な条件設定になってしまいました。

ぐるぐるを撮ってみたけれど…

それでもせっかく来たことだし,一応撮影はしてみることにします。一枚13秒でシャッターを切り続け,約1時間撮影したところで撤収。三脚を片付けていると,隣でやはりインターバル撮影していたお姉さんに「もうおかえりですか?」と話しかけられました。「星が全然見えていないので…。黄砂が来てるらしいですよ」と答えると,「ああそれで。黄砂めー」とのことで (^^;)

そのあとライトで照らされた桜を2,3枚撮って,北鴻巣駅まで歩いて電車に乗りました。

うちに帰ってから比較明合成をしたのですが,露出13秒で1時間ということでトータル約300枚。これは処理が大変です。げっそりしながら出来上がったのがこれ。一応ぐるぐるしてますが,やっぱり写っている星が少なくて,なんだか寂しい写真になってしまいました。

f:id:sunsun_fine:20190505010010j:plain

さきたま古墳公園の桜と星ぐるぐる。写っている星が少なくて寂しい写真になってしまいました。黄砂めー。

おわりに

今回は条件もあまり良くなかったのですが,そもそも春の宵の時間帯は,北斗七星などの明るい星は空の高いところにあるので,こういう構図だと画面に入りません。ここでぐるぐるを撮影するなら,夜半過ぎの時間帯に撮るか,前景の取り入れ方を工夫する必要があるかもしれませんね(縦構図で撮るとか)。