sunsun fineな日々

子育てしながら,山を歩いたり星を見たり料理したり写真を撮ったり

七夕の夜に

今夜は七夕です。でもあいにく梅雨時で,どんよりした天気が続いています。

この週末は新月期ということもあって,梅雨の晴れ間があったら山に行きたいと思っていましたが,やっぱり晴れないようです。織姫と彦星は一年に一度の逢瀬を楽しむことができているでしょうか。

僕の生まれ育った北海道では,ひと月遅い8月7日が七夕の日でした。仙台の七夕祭りも8月上旬ですね。小さい頃「北海道は寒いから七夕を遅くするんだ」と聞いたのですが,本当のところはどうだったのでしょうか。梅雨がない北海道でこそ7月7日を七夕にして,みんなで空を見上げるのがいいような気がするのですが (^ ^;)

一昨年の記録を見ると,6月の新月期に梅雨の晴れ間があり,僕は奥秩父の山に登っています。笠取小屋でテント泊をして,夜中に天の川の写真を撮りました。南天の低空には雲があって,天の川中心のいて座方向の眺めは今ひとつだったけど,天頂に近い織姫・彦星の方はきれいでした。

f:id:sunsun_fine:20190707030828j:plain

一昨年の梅雨の晴れ間,奥秩父の稜線で見た織姫・彦星付近の天の川

そのあとの自分のツイッターを見ると,この年は7月7日も快晴だったようです。その日は都内の自宅にいたので天の川は見られなかったようですが。

七夕は天の川で隔てられた織姫と彦星が,一年に一度カササギの作った橋を渡って会うことができる日でしたっけ。都内では天の川が見えないので,織姫と彦星もフリーパスで会えるんでしょうか。

f:id:sunsun_fine:20190707110504j:plain

織姫はこと座のベガ,彦星はわし座のアルタイルです

さて,織姫はこと座のα星ベガ。そして彦星は,わし座のα星アルタイルです。ベガとアルタイルに加えて,はくちょう座のデネブの3つの星で形成されるのが夏の大三角です。

f:id:sunsun_fine:20190707144803j:plain

夏の大三角(入笠山にて)

夏の夜空は南天のさそり座・いて座(天の川銀河の中心)から夏の大三角にかけて,特に濃い天の川を見ることができて豪華です。

f:id:sunsun_fine:20190707122654j:plain

いて座〜わし座にかけての天の川。低空に雲がかかっていますが@奥秩父

だから春から夏にかけては,きれいな星空を見たくて新月期になるとそわそわしてしまいます(春先でも夜半過ぎになると,夏の天の川が昇ってくるのです)。6月から7月にかけては夏の天の川が見やすい時期だと思うのですが,この時期が梅雨に当たるのは残念ですね…まあこればかりは仕方がありませんが。

f:id:sunsun_fine:20190501165927j:plain

春先でも夜半過ぎになると「夏の天の川」が昇ってきます

そうそう,「ベガとアルタイル」といえば「仮面ライダー電王」です。僕の息子が幼稚園の頃,一緒に夢中になって見ていました。これは本当によくできた作品だったと思います。仮面ライダー電王に出てくる悲劇のライダー,ゼロノスには「アルタイルフォーム」と「ベガフォーム」がありました。そしてゼロノスを支える相棒はデネブ。物語のモチーフとしてペルセウス座流星群も出てきましたね。主人公・良太郎(初主演の佐藤健くんが演じていました)のお姉さんが経営する喫茶店には,レトロな感じの天体望遠鏡が’飾られていたりしました。なつかしいです。

予報では今夜も晴れないようです。でも雲の上で,織姫と彦星が一年に一度のデートを楽しむことができていますように。

ささの葉さらさら〜♪