sunsun fineな日々

子育てしながら,山を歩いたり星を見たり料理したり写真を撮ったり

NEX3が壊れた話

十年近く使って来たカメラ,Sonyのミラーレス一眼,NEX3が壊れました。シャッター幕がちぎれちゃった!?これは重症です。

f:id:sunsun_fine:20190413225056j:plain

 このカメラは子供がまだ小さかった頃,その成長を撮ろうと思って買いました。最初は子供の写真ばかり撮っていましたが,だんだん風景を撮ったり,野鳥の撮影を試みたり,星の写真を撮ったりするようになりました。

このカメラの特徴は小さくてとにかく軽いこと。バッテリーとメモリーカードを入れても300gを切る軽さ。APS-Cサイズの大きなセンサー(フルサイズのカメラもあるよ!というツッコミは置いといて)を積んだカメラで子供の写真をきれいに撮りたいというのがカメラを買った動機でしたが,「ゴツい一眼レフカメラを向けると子供が構えてしまうかも。でも,この小さなカメラなら…」というのがNEX3を選んだ理由です。あと赤いモデルが可愛らしかったし。

そのうちいろんな写真を撮るのが楽しくなりましたが,小さいのでカバンに忍ばせていつでも持ち歩けるところは本当に良かったと思います。仕事に行く時も持っていって,時々職場を抜け出しては(オイ)花を撮ったり夕焼けを撮ったりしたこともありました。

f:id:sunsun_fine:20190413225910j:plain

夜桜 濃密な生命のエネルギーを感じる

山に登る時もザックに押し込んで,いつも担ぎ上げていました。時には夜のテントサイトで星空を撮りました。山登りにおいては,「軽いは正義」です。また星の写真を撮るときはカメラを赤道儀に載せるのですが,あまり重いカメラだと赤道儀がカメラを支えきれません。

f:id:sunsun_fine:20190413225713j:plain

穂高吊尾根から前穂高岳

実はNEX3が壊れたのはこれが初めてではありません。三年くらい前,魔が差したように,持っていたカメラから手を離してしまい,道路に落下させてしまったのです。その時はソニーストアに持っていって修理しました。でもさすがに古くなって来たし,新しいカメラを使ってみたくて,今回は修理じゃなくて新しいのを買うことにしました。

NEX3(とNEX5)は,Sonyが最初に出したミラーレスカメラです。「NEX」という名前には,ミラーレスで新しいカメラの未来をデザインして行くという決意が込められていたのでしょう。その「カメラの未来」というのがどういうことなのかは,新しいカメラを買って「おお,こういうことなのか!」とわかって行くことになります。このあたりの具体的な話(新しく何のカメラを買ったのかも)はまたそのうち。