sunsun fineな日々

子育てしながら,山を歩いたり星を見たり料理したり写真を撮ったり

α6400を買いました

Sonyのミラーレスカメラ,α6400を買いました。うれしいです

本当は先代のNEX3をもう少し使い続けようと思っていたのですが,壊れちゃったので。

このカメラを買うにあたって,自分がどんなシチュエーションでカメラを使いたいのか,胸に手を当ててよーく考えました。自分は何にカメラを使うのだろうか。撮りたいものはいろいろあるけど,整理して考えると「山に登るときに担ぎ上げて,テントサイトで星の写真を撮りたい」というのが一番です。するとカメラ選びで重視するのは

  ① 小さくて軽いこと
  ② 高感度に強いこと

ということになります。

 「山で星」以外だと,他には家族の写真を撮ったり,たまに鳥を撮ったりすることもあるので,オートフォーカスも速いなら,その方がうれしいかな。

 フルサイズはなしね

高感度耐性はAPS-Cよりもフルサイズの方がいいのでしょうが,山に担ぎ上げるにはちょっと重い。というか,そもそも予算が許さない(無理してボディを買ってもレンズが高価です)。α7iiiとかいいなあと憧れますが,この時点で除外です。そして今持っているレンズのことを考えると,引き続きSonyのEマウントで。

α6500か6400か

結局,SonyAPS-C一眼カメラということで,α6500にするかα6400にするかで最後まで迷いました。α6500の方が上位機種という位置付けのようですが,発売から2年半くらい経っていて,最近出たα6400と実売価格にはあまり差がないようです。

違いを整理すると,こんな感じです。

  α6500 α6400
発売 2016年12月 2019年2月
重さ 410 g 359 g
iso感度 100 – 25600(拡張51200) 100 – 32000(拡張102400)
AF合焦時間 0.05 秒 0.02 秒 (リアルタイムトラッキング, 瞳AF)
ボディ内手ぶれ補正 あり なし

 α6500のボディ内手ぶれ補正にはちょっと惹かれます。一方,α6400の方が50gくらい軽くて,最高iso感度がちょっと高い。「山で星を撮る」ことを考えるとこっちかな。それからオートフォーカスも6400の方が速いし,リアルタイムトラッキングは鳥を撮る時にいいかも。瞳AFも家族の写真を撮る時に良さそうです。それにやっぱり新しいモデルを使ってみたいという気持ちもあります。

…と,気持ちが傾いたところに,α6400の方はキャッシュバックキャンペーン中だということを知って,「6400の方だな」と決めました。

 ポチッ。

届きました!

注文してから2日ほどで届きました!便利ですね。

f:id:sunsun_fine:20190420002912j:plain

箱にはカメラボディとストラップ,バッテリー,アイピースカップ,USBケーブルと簡単な取説が入っていました

箱から取り出したα6400の最初の印象は,「小さっ!」でした。今まで使っていたNEX3とほぼ同じ大きさなのですが,レンズをつけない状態だとこんなに小さいんですね。

それからストラップに「SONY α」というロゴが入っているのが地味にうれしかったです。所有欲が満たされるというか。NEX3のストラップはそっけない黒一色のテープだったので。 

これからこのカメラでいろんな写真を撮りたいです。