sunsun fineな日々

子育てしながら,山を歩いたり星を見たり料理したり写真を撮ったり

α6400 一ヶ月使ってのレビュー

α6400を使い始めてから,一ヶ月くらい経ちました。ちょうど桜の季節でもあり,色々なところで写真を撮ってきたので,ざっくりした印象を10項目のレビューにまとめてみたいと思います。先代のNEX3…十年近く前のモデルをしぶとく使ってきた僕の印象なので,何を今さらアホなことを,と思われるかもしれませんが,笑って読み飛ばしてください。愛機は褒めて伸ばすのです(笑)

 ① 軽くてコンパクトなのはやっぱりいい
先代のNEX3よりも約100g重いので,その辺りどうかな?と思いましたが,問題なく持ち運びできています。一度赤道儀にも載せて使いましたが,問題なく支えることができました。軍艦部の出っ張りがないシンプルな形なので,カバンに出し入れする時に引っ掛からないのもいいですね。

ダイアルがついている,スイッチがカチッ!ていう
NEX3の電源スイッチは,on/offした時にグニャッとした感触でしたが,α6400のスイッチはカチッ!って言います。ダイアルもついてて,回すとカチッ!って言います。Sonyのカメラは「カメラ屋さんじゃなくて家電メーカーが作ってる」と揶揄されたことがあるのも知っていますが,操作感がよりカメラっぽくなったと思います。触っていて気持ちいいです。

③ 起動が速い!
スイッチを入れると一瞬で起動します。これはいいですね。

④ 電子ビューファインダー (EVF) が付いている!
何をアホなことを,と言われるかもしれません。でもNEX3にはファインダーがなかったので,背面液晶を見ながら写真を撮るスタイルだったのです。ファインダーを見ながら写真を撮れるのは,楽しくていいですね。明るい戸外でも画面が見やすいし,カメラも安定します。背面液晶を見ながら撮るスタイルには,もう戻れないと思います。というか,背面液晶を見ながら鳥を撮ったりしていた自分を褒めてやりたい。

⑤ デジタル水準計が付いている!
僕はカメラを構えた時に,右側が下がる癖があるのを自覚していたのですが,気をつけていても写真が傾いていて,後から補正することもありました。でもα6400のファインダー画面にはデジタル水準計が付いているので,僕でも撮影時に水平を合わせることができるようになりました。同時に,何気なく構えた時に右下がりになっているのを,よりはっきりと自覚するようになりました。

⑥ ちゃんとしたグリップがある!
NEX3のボディは右のほうにちょっとしたふくらみがあって,一応その部分に指がかかるようになっていたのですが,α6400にはちゃんとしたグリップが付いていて,よりしっかりホールドすることができます。手に収まる感じが気持ちいいです。でもこのグリップはもう少し深ければさらに良かったと思います。α6500のグリップはもう少し深いようですし,空っぽのただの膨らみでもよいのでもっと深くしてくれていたら…とも思います。

オートフォーカスが速い!
今使っているレンズは古いのですが,それでもスッとAFが合うのは気持ちいいですね。もう少し新しいレンズをつければさらに速いのでしょうか。家族にカメラを向けた時に,一発で瞳にフォーカスを合わせてくれたのには驚きました。まだ動くものはあまり撮っていませんが,リアルタイムトラッキングも(特に鳥を撮る時に)役立ちそうです。

⑧ 描写が精細になった感じがします
NEX3の出す絵は,色がなんとなくべったりした感じだったのですが,画像処理エンジンが何世代か新しくなって,撮って出しでも緻密な感じの絵が出るようになりました。カメラが届いてすぐに,うちの周りの桜を試し撮りした時に「あっ,違う!」と思いました。

f:id:sunsun_fine:20190430223734j:plain

α6400を使った最初の撮影は,うちの近くの桜を。描写が繊細になったと思います

⑨ 解像感が高くなった!
NEX3は約4500 x 3000で1400万画素,α6400は6000 x 4000で2400万画素。最初,これには大した違いを感じないだろうと思っていました。でもやっぱり違います。解像感がグッと上がった感じがします。2400万画素は昨今のAPS-Cカメラとしてはありふれたスペックですが,これはやっぱりうれしいですね。データサイズが大きくなり,PCのディスクスペースを圧迫しますが。

⑩ 高感度が強くなった!
星の写真を撮るので,実はこれが一番気にしていた部分です。でもNEX3と比べると,画素数が増えたにも関わらず,高感度ノイズ,長秒ノイズともにずっと少なくなったと思います。↓は夜の浅草寺をiso 6400で撮ったものですが,期待以上にきれいで,おおっ!と思いました。早く星撮りに使ってみたいです(…実はもう使ってみたのですが,別記事で書きます)。

f:id:sunsun_fine:20190430223444j:plain

夜の浅草寺。iso6400で撮ったのですがきれいです

おまけ キャッシュバックがついている
α6400を買う決め手になったキャッシュバックキャンペーン。その手続きはかなり面倒くさいという話を聞いたこともあったのですが,実際にやってみると簡単でした。

以上,だいたいこんな感じでしょうか。α6400の売りとして,背面液晶が反転して,自撮りができるということもあるのですが,この機能は自分はあまり使わないので,言及しません。

それにしてもカメラはデジタル機器でもあり,十年の間の進歩はやっぱりすごいですね。それで…いいレンズが欲しくなりますね。