sunsun fineな日々

子育てしながら,山を歩いたり星を見たり料理したり写真を撮ったり

福島市・土合館公園の紫陽花を見てきた!

今年から福島に通うようになって,いろいろな花を楽しませてもらっています。4月から桜,桃,藤,薔薇ときれいな花を見て,本当に素晴らしい体験をすることができました。

そんな最近のある日,ツイッターで親しくしていただいている方から,「福島市内で紫陽花が咲き始めた」という情報が入りました。これはぜひとも見に行きたい!

f:id:sunsun_fine:20190625014210j:plain

紫陽花を見に行きたい!

さっそく仕事の合間に行ってこれるところを探してみました。すると,さすがは花の福島,紫陽花の名所もたくさんあるようです。中でも二本松の高林寺というお寺が,あじさい寺として名高いようですが,車で行かないとアクセスが難しそう。次にヒットしたのは,松川町・土合館公園!

小高い丘に造られた公園に,約5000株もの紫陽花が咲き誇っているとのこと。仕事先からも近いです。ここに行くしかない!…ということで,行ってきました (^ ^)。

土合館公園にて

一年でもっとも日が長いこの季節。仕事が早く終わりました。朝は強く降っていた雨も上がっています。これはチャンス!とばかりに,ダッシュで松川町に向かいました。松川駅で電車を降りて,歩きましたよ。テクテク。公園に向かう途中にも紫陽花が咲いているところが何ヶ所かあり,期待がふくらみます。そして歩くこと25分くらいでしょうか。小高い丘にある公園の入口に到着です。

f:id:sunsun_fine:20190625013622j:plain

土合舘公園の入り口では,紫陽花が見事です!

公園に着くと,いきなり紫陽花が咲き乱れています。これは見事です。日はすでに西に傾いてきていますが,せっかくのしっとりとした風景ですので,気持ちを落ち着けて,公園の坂道を登っていくこととしましょう。

f:id:sunsun_fine:20190625010849j:plain

公園の小径の両側には紫陽花が続きます

両側に紫陽花が植えられた小径をずーっと歩いて行きます。雨上がりの夕暮れ,実にしっとりとした情景です。こんな雰囲気を味わえるなら,梅雨もそう悪くはありません。

f:id:sunsun_fine:20190625011631j:plain

丘に続く小径を,しっとりとした空気が包みます

丘の遊歩道から紫陽花越しに,遠くまで田園風景を望めるところもあって,深呼吸したくなるようです。

f:id:sunsun_fine:20190625005942j:plain

紫陽花越しに周りの風景が見渡せます

丘の上の紫陽花はまだつぼみ

紫陽花に包まれた小径は,丘の中腹まで続きました。「中腹まで」というのは,丘を登っていくに従って,まだ開花していない紫陽花の株が増えて行ったからです。丘を2/3くらい登ったところに赤い鳥居があるのですが,この辺りまで来ると,半分くらい開花しているといった感じでしょうか。

f:id:sunsun_fine:20190625005648j:plain

この辺りでは五分咲きといったところです

丘を登りきった頂上にある神社の周りでは,ほとんどの紫陽花がまだつぼみでした。

f:id:sunsun_fine:20190625012236j:plain

公園の丘下半分の紫陽花は見頃,中腹より上ではまだこれからという感じでした

そう高くもない丘なのですが,本当に面白いくらいに,標高と開花状況に相関が見られました。この様子だと,この公園ではまだしばらくの間,紫陽花を楽しむことができそうですね。

丘を下ります

紫陽花に包まれるような時間はゆったりとすぎるようでしたが,それでもやっぱり夕闇は迫ってきます。薄暗くなってきたと思ったら,ポツポツと小雨も降ってきました。それにそろそろ松川駅に向かう時間です。丘を下りましょう。

公園を後にしたら,丘をぐるっと回り込むようにして,歩いて戻ります。水原川という小さな流れに,素朴な橋がかかっていて,その向こうに田んぼが広がる光景が印象的でした。

f:id:sunsun_fine:20190625014845j:plain

素朴な橋と小さな流れの向こうに田んぼが広がります

おわりに

土合館公園の紫陽花に囲まれて,しっとりとした時間を過ごすことができました。梅雨の季節にも,楽しみはあるものですね。

福島で色々な花を楽しむことができて,本当にうれしく思っています。そして梅雨が明けたら…いよいよ桃(の実)です!