sunsun fineな日々

子育てしながら,山を歩いたり星を見たり料理したり写真を撮ったり

α6400と合わせて買った小物4つ

α6400を買った際に,同時にいくつかのアクセサリー(小物)を買いました。背面液晶モニタの保護フィルム,インターバルタイマー,レンズペン,そしてドライボックスです。

ということで,簡単に使ってみた感想などを。

背面液晶保護フィルム

僕は使っているものに傷がつくとか,そういうことには割と無頓着で,あまりこの手のものは使って来ませんでした。スマホもケースをつけずに使ってるし(…で,この間落としてガラスを割りましたw)。でも先代のNEX3に液晶保護フィルムをつけずに使っていたら,液晶のコーティングが剥がれてきてかなりみっともないことに…。α6400は背面液晶にタッチ機能もあって,液晶モニタをより酷使しそうだなということで,フィルムを貼ることにしました。

液晶保護フィルムは,探してみるといろいろあって,価格もまちまちです。ガラス製の保護シートがいいとかいろんな意見も見かけたのですが,特にこだわりはないので,安価なものを購入しました。これです。

保護フィルムの貼り付けは簡単で,特に問題なくできました。静電気でくっついているだけなので,剥がすことも簡単にできそうです。

このフィルムを貼ってから3ヶ月くらい使っていますが,フィルム表面に傷がつくようなこともなく,きれいなまま問題なく使えています。

インターバルタイマー

三脚を立てて写真を撮るときに欠かせないのがリモートレリーズです。特に星空の写真を撮るときには30秒を超える長時間露光になることもあるし,赤道儀で星を追尾しながら同じ構図のカットを数枚撮ってスタッキングすることも多いので,露光時間をコントロールしたりインターバル撮影ができるタイマーがあると便利です。

以前使っていたNEX-3にはタイマーなどを接続するUSB端子がついていなかったので,苦肉の策でこんなのを使って星空撮影をしていました。

f:id:sunsun_fine:20190721174132j:plain

苦肉の策で…こうして星空を撮っていました

カメラに巻きつけているのはETSUMIから出ていた「レリーズアタッチメント」で,昔ながらのケーブルレリーズをつないでシャッターボタンを機械的に押し続けるものです(現在は販売していないようです)。

でもこの方法ではアタッチメントがカメラの設定ダイアルを覆ってしまうため,設定を変える時にとても面倒でした。もちろんタイマー機能などありませんから,露光時間は時計で計って,手でシャッターを解除とかやっていたのです。

α6400にはリモート端子があるので,星撮りのために真っ先にインターバルタイマーを注文しました。Sony純正の製品もあるようですが,星空撮影に便利なもの…と探してみるとロワジャパンのこれが使いやすそうです。

届いた箱の中には製品がプチプチシートに包まれて入っていただけで,他にはマニュアルも何もありませんでした(マニュアルはネットでダウンロードできます)。けれども使い方はすぐにわかるので問題ありません。

実際に星撮りに使って見た結果

  • 機能としては申し分なし
  • マイクロUSB端子が抜けやすく,いつのまにか端子が抜けて反応しなくなっていることがあるので注意が必要
  • バックライトボタンが付いているけど,バックライトが暗すぎて,結局ライトで照らさないと見えない

というわけで,問題がないわけではありませんが,価格も安かったし満足して使っています。何よりも,NEX-3にレリーズアタッチメントを巻きつけて星を撮っていた頃に比べると,格段に便利になりました。

星空の撮影だけでなく,花火の写真やホタルの写真を撮った時にも活躍してくれました。

レンズペン

レンズが汚れた時など,これまでクリーニングペーパーを使って拭き取っていたのですが,ちょうど残りが少なくなっていたので,以前から気になっていた「レンズペン」を買ってみました。

「ペン先」に相当する部分にセーム革(メーカーのサイトによるとこれに加えてカーボン粉末)が付いていて,ここでレンズをくるくると拭き取ります。おお,確かにきれいになります。うん,これは気軽で便利ですね。小さくて軽いので,山に登る時にも気軽に持っていけそうです。

ドライボックス

以前はカメラをテレビ台の引き出しに,乾燥剤と一緒に入れて保管していました。けれども引き出しはそんなに気密性もないし,肝心の湿度もどうなってるかよくわからないし…ということで,ドライボックスを購入しました。

今のところα6400のボディー1台とレンズ4本を入れていますが,容量は十分に足りています。

また乾燥剤としてはシリカゲルを使っていますが,梅雨時でも内部の湿度を40%前後に保つことができています。湿度は付属の湿度計で確認することができるので,一応安心です。

シリカゲルがピンクになったらオーブントースターで加熱して再生していますが,これがちょっと面倒です。この製品にはそれなりに満足していますが,やっぱり防湿庫が欲しくなりますね(笑)。

おわりに

f:id:sunsun_fine:20190721180746j:plain

春先に購入したα6400ですが,今のところこんな感じで使っています。カメラって,いろいろと世話のやけるやつですね (^ ^;) 

www.sunsunfine.com